家計にうれしい節約レシピ

大根葉

近年、共働きの夫婦が増えている為、家事の時短が流行っております。
その中でも、実用的な節約レシピ。

例えば、普通廃棄する野菜の葉や皮を使えば、立派な一品料理ができます。
普段廃棄するカブや大根の葉はごま油で炒めて、昆布やゴマでを加えて甘辛く味付けすれば、美味しいご飯のおともになります。

ニンジンやジャガイモや玉ねぎの皮も普段廃棄されるものですが、一番栄養のある部分なので近年は見直されています。
廃棄する皮だけを煮込めば立派なお出汁を作ることができます。

これを使えば栄養満点なスープが一品作れます。
また皮だけで、美味しいかき揚げもおすすめです。

皮なので水分が少ないのでぱりぱりな歯ごたえのかき揚げができます。
またスーパーでいつも値段が安定していて安いもやしを使った料理はかなりの節約料理になります。

もやし料理のレパートリーが増やせばかなりの節約になります。
また、切り干し大根や春雨やひじきなどの乾物を何種類か買い置きをしていれば、乾物はコストが安くなるのでかなりの節約になります。

医療費や車の購入に関する節約術

節約は難しいと思っている人もいるかもしれませんが、節約というのはちょっとした節約術を身につけることで簡単にお金が貯まるので、正しい知識を身につけるのがポイントになってきます。

節約ができない人も正しい知識を身に着けて、少しずつお金を貯めていきましょう。

病院はお金がかかるからと病気になった時に市販薬を利用する人も多いものですが、使う回数が多いものの場合には病院に行ったほうが安上がりということもあります。

もちろん、保険が効くという前提ではありますがシーズンを通して薬が必要となる花粉症のような病気だと、診察料がかかっても保険が適用される病院のほうが安上がりになるというケースは少なくありません。

まとめて薬を処方してもらうように頼めば、更に安く済ませることができるので保険が効けば市販薬よりも病院のほうが安くなることがあるということを覚えておきましょう。

ジェネリック医薬品を使う

ジェネリック医薬品同じく医療費に関する節約術として、ジェネリック医薬品を使うという方法があります。

ジェネリック医薬品は特許の切れた後発の医薬品で、先発の医薬品と同等の効果を見込めるのに対して価格は半分になるというケースもあります。

一見すると怪しそうに見えるかもしれませんが、医学的にも安全性と効果を証明されたものとなっていますから、安心して使用をすることができます。

ジェネリック医薬品メーカーの評判が載っている
陽進堂どうなの?強みやネット上の評判は?
を見てもトラブルや不具合などが確認できないことがわかります。

積極的にジェネリック医薬品を進めてくれる医師もいますが、そうでない場合にはジェネリック医薬品がないか尋ねてみると医療費を抑えることができるので覚えておくと良いでしょう。

新古車を狙う

新古車節約は金額が大きなものほど効果が高くなりますが、車を購入する時に節約術を知っていると大きく節約をすることができます。

車の購入費を安く抑えるのであれば中古車だけれども、中古車は品質が不安という人は新古車を狙ってみるとかなりの節約につながります。

新古車というのは一度登録をされた車のことで、状態はほぼ新車と変わらないにも関わらず中古車扱いとなるのでかなり安上がりになることがあります。

なぜこのような車が出てくるのかというと、ディーラーがノルマのために展示車を登録したと言ったケースがあるので、新車に近い状態の車を中古で購入することができます。

完全な新車ではないので、少しでも使用感があるとなると気になってしまう人もいるかもしれませんが、状態面で安心感があって安ければいいという人にとっては適しています。

車は高額なものだけに、新古車を狙うと大きな節約になります。

お金を使う時、ちょっと工夫する癖を身につけよう

ポイント利用

節約をすることは難しいと思っている人もいるかもしれませんが、節約というのはちょっとしたことでできるものです。
一回の節約が100円ぐらいであっても、それを100回繰り返せば1万円になるわけですから、小さな積み重ねをしていくというのはとても大事なことになります。
見落としがちな節約術を覚えておくことによって、最終的には大きな金額につながりますから節約をしたいと思うときには節約術をできるだけたくさん覚えておくと役立ちます。

今の時代は何かを購入する場合、通販を利用することが少なくありません。
通販は実店舗で購入するよりも安く購入できることも多いので、実店舗との価格の比較をして購入をすると節約につながります。
このぐらいであれば誰でもやっていることですが、更にそこから一歩進んだ節約術を行うのであればポイントサイトを経由して購入をして見ると良いでしょう。

利用する通販によってはポイントサイト経由で購入をするとポイントをもらうことができ、そのポイントを現金に交換できるというシステムが多いので、ポイントサイト経由で購入をすることができるショップであれば、普通に購入をするよりもお得です。

ポイントサイト経由で購入をして損をするということはないので、購入をする場所によってお得に還元されないかチェックしてみることが節約には効果的です。

クレジットカードを上手に使うということも、節約には必須でありこれだけで年間に大きな金額を節約することが可能です。

クレジットカードはつい使いすぎてしまうので節約には不向きだと思われがちですが、現金で購入する場合にはつかないポイントの還元があります。

更にはその店で発行しているカードで決済をすると割引を受けることができるサービスを展開していることが多いので、これを上手に利用することで現金で支払いをすることに比べて大きな節約につなげることがでます。

ただし、考えもなしにカードをたくさん作ってしまってはポイントが分散してしまったり、管理が大変になってしまうのでこの点は注意が必要です。

節約ばかりでは気持ちのゆとりもなくなってしまいますから、たまには外食をして気分転換というのも悪いものではありません。

そのようなときにも楽しく節約をすることができるのが、クーポンを利用することでお得なクーポンがあるサイトなどを巡って店を探せば気分転換をしながらも節約ができるので、上手にお金を残すことができます。

目的を定め、節約しよう!

mato

節約をするということには目的がなければ長続きしません。
目的がない状態で節約をしようと考えても、モチベーションが保たれないため徐々に緩みが出て、無意味に散財することになってしまうのです。

そして、節約をする目的としては貯金額を増やしたり将来設計のためということが挙げられますが、最も長続きするのは欲しいものを買うための節約です。

欲しいものとは将来的にマイホームを買いたいということではなく、新発売のゲームやドライブ趣味のための自動車、生活を豊かにする家電など今すぐに欲しいものを指します。

欲しいものがあると、その購入資金を貯めるために節約を続けられるのです。

私が節約を実践したのも欲しいものがあったからです。
私は昔からバイクに憧れていて、まずは自動二輪の免許費用を捻出するために節約を始めました。

とはいえ、免許の取得費用は10万円程度なので毎月の給料から2万円ずつを貯蓄口座に入れ、絶対に使わないという意志を持つことで半年で貯めることができました。

教習も順調に進み、予算内に納めることができましたが、次にほしくなるのは当然のことながらバイク本体です。
安くても50万円程度なので、貯金から20万円を捻出し、あとは節約術を駆使して30万円を貯めることにしました。

節約で20万円を貯めるということは簡単ではなく、100円単位で節約しなければなりませんでした。
私は出社前にコンビニでコーヒーを買い、会社に持ち込んでいたため月に20日の出社で2000円を使っていました。

まずはこのコーヒーを我慢して、年間で2万4千円の節約に成功しました。

続いて、スマートフォンの料金を見直します。
これまではキャリアのプランで月額6000円程度を支払っていましたが、格安SIMに変えることで1500円で維持できるようになりました。
これで年間5万4千円の節約です。

また、自宅のインターネット回線も解約し、4万8000円の節約になります。

さらに、食費を徹底的に見直します。
これまで昼食は社食でしたが、朝食はコンビニ、夕食は外食でした。

そこで、自炊を心がけて外食費用をすべてカットします。
もちろん自炊の費用と手間がかかりますが、夕食を作ると同時に翌日の朝食も作ることで食材と時間の無駄がなくなり、有効活用できるようになりました。

これで一月あたり2万円ほどの節約になり、年間では24万円の節約です。

こういった節約をすることで、1年間で36万円を貯めることに成功し、バイクを購入できました。
節約術とは、多少の不便を強いられても欲しいものを買うために我慢することなのです。

バカにならない光熱費

光熱費

日々の暮らしの中で特に毎月使うお金の比率が高いのが光熱費なのではないでしょうか。

例えば家賃や月々の住宅ローンというのはなかなか簡単には減らすことができません。

食費や交際費を減らすとしても限界があるし、いろいろな節約術を使ったとしても多少の我慢が必要になってしまったりします。

そこで簡単で我慢も必要なく、いつの間にか節約できてしまうというのが光熱費なのです。

光熱費を節約するためには最初に多少のお金がかかったり手間がかかったりしてしまうこともありますが、壱年や数年単位で見た時にはかなりのお得になるのでやってみてはどうでしょうか。

まずすぐに簡単にできてしまう節約術はライトをLEDに変えるといことです。
LEDライトも登場したころは節約することはできるけれど、電球自体の値段が高いというデメリットもありましたが、かなり普及したこともあって値段も安くなってきているので購入費用も電気代も節約することができます。

それから電気の自由化によっていろいろなプランが登場しているので見直してみるというのもよいでしょう。

電気会社を変更しなくても例えば昼間は電気を使わないという人なら、昼間は高くて夜間は安いという時間帯割引を利用するだけで月の電気代がだいぶ変わってきます。

またアンペア数を適正なものに変更するという方法もあります。

アンペア数はあまり変えたりしないかもしれませんが、住んでいる人数が変わったときなどに電気を使っている量を確認してアンペア数を適正なものに変更してもらうだけで、基本料金が安くなりますのでお得です。

これらの節約術は一度手続きや作業をしてしまえばあとは何もしなくても毎月節約することができるので、とても楽べそしてお得な節約術です。

また少しもったいないと思うかもしれませんが、5年や10年使っているエアコンや冷蔵庫、洗濯機があるのであれば買い替えてしまうというのも一つの方法です。

最新式の家電は省エネモードが発達していますので、買い替えるだけで電気代や水道代を大きく節約することができるのです。

特にエアコンや冷蔵庫は消費する電気量も大きいので古いものを使っているのであれば、交換してみてはどうでしょうか。

その他にもシャワーヘッドを節水用のものに取り換えると水道代を節約することもできます。

このように最初にちょっとだけ手間をかけてしまえばあとは何もしなくても勝手に節約することができる方法もあるのです。

バカにならない振込手数料

atm

お金を貯めるというのは難しいことのようですが、日常生活でちょっとした節約術を取り入れることによってお金というのは貯まっていくものです。

小さな積み重ねが最終的には、大きな金額となるのでコツコツと節約を続けていきましょう。

日常生活を送っているとあらゆる支払いをすることになりますが、その際の振込手数料というのも決してバカにはできないものです。

そこで、振込手数料を節約するためにネットバンクを活用するという手があります。

ネットバンクは振込手数料が格安に設定をされていたり、あるいは一定回数無料で利用をすることができるという特典があるので手数料を節約することができます。

ネットバンクは家から振込の手続きをすることができますから時間の節約にもなるので、給料日直後の長蛇のATMに並ぶという必要もありません。

毎月決まった日に自動的に振込手続きをしてくれるサービスがあったりするので、利便性も高く節約にはネットバンクが欠かすことができない存在となっています。

節約の基本としては節水がありますが、節水を心がけていてもなかなか徹底しきれないということもあります。

特にシャワーを浴びているときには、無駄に水を流してしまうことも多いのですが、節水型のシャワーヘッドに交換をすることによって水の使用量を抑えることができます。

節水型のシャワーヘッドの特徴としては、少量の水でも大量に浴びることができる感覚となるので同じ時間使用をしていても水の使用量を抑えることができるというものがひとつあります。

もうひとつがシャワーヘッドに水を止めるボタンがついていることが多いので、水道に手を伸ばさなくてもそのまま水を停めることができるため節水をしやすいという利点があります。

シャンプーをしているときはどうしても手を伸ばして水を止めにくいものですが、手元で水を止めることができれば節水を心がけやすく便利です。

一回のシャワーで節約できる金額というのは微々たるものであっても、それが一年となってくると大きな違いとなるので、お金を出して節水型のシャワーヘッドに交換をしても十分にお釣りが来ます。

節水とあわせて節約の王道として節電がありますが、簡単な節電方法としては省エネの家電に変えてしまうというものがあります。

使えるものを無理に買い換える必要はありませんが、ちょうど買い替えの時期になったときには省エネの製品を選んでみると良いでしょう。

本体価格が多少高くても、節電効果でこちらも十分にお釣りが来ることが多いため節約を意識してトータルコストで家電を選ぶというのも大事なことになります。